読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンタロウBlog

 ケンタロウが日常の中で、見たり聞いたりした事について書いています。

人生初の人間ドック

 先日、人生初の人間ドックに行ってきました。身内に病気が多いので、念のために脳ドックも追加してきました。

  

 脳外科の専門医の先生による診察。

 何だかベテランでやり手な感じの年配の先生。

一通り手を上げたり下げたり…脚上げたり下げたり…

 事前の問診票で書いた、時折発症する側頭部の頭痛について、先生が「分かった!俺は分かったぞ!その頭痛の原因が分かった!」と…

 原因はストレスと疲れと猫背だそうです。

 

 で、肩と首の血行を良くする為の腹式呼吸のやり方を教わってやってみると

「君、ただ者じゃないな!?何やってる!?」

と聞くので「武芸を、太極拳をやっています。先生鋭いですね!」と言ったら、「やっぱりなっ!そうだと思った!俺は何でもわかるんだ!」と喜んでました(笑)

 

健康な人の(青梅さんという人のMRI写真を終始見せられた)頭を先ずは見せられ、説明をうけ、「さぁ行くぞ!あんたの写真出すぞ!行くぞ〜行くぞ〜…/はい、ドーン!!と言って自分の画像を見せられる。

 

 何回かこの繰り返し。

 

結局頭の中に問題はなくて良かったです。

 

 最大の山場は胃カメラです。

 人生初の胃カメラ。職場の胃カメラの先輩方から苦しい思い出を沢山聞かされてきたので無用な不安が頭を満たしていました。

 

 喉に麻酔をかけられてしばらく待機している間、看護師さんが優しくフレンドリーに話しかけてくれて、部屋にはオルゴールの音楽が絶えず流れていて、一生懸命に患者をリラックスさせようという試みが逆に緊張感を増してきました。

 

 胃カメラ検査を行う部屋に通されると、竹内まりやさんの曲が流れていて、CDジャケットが壁の飾り棚に飾ってあって、医師の趣味なのかな?と思いました。

 

 準備をされるがままにされていると、竹内まりやさんが「毎日がスペッシャ〜ル」と歌ってて、「今日が特別スペシャルだよ」と思って聴いてました。

 いよいよカメラを飲み込む段に来て、今度はまりやが「涙な〜ど〜みーせないー、強気な貴方を〜」とか歌ってて、こっちは初めてカメラを飲み込む苦しさに涙目になってて、あまりのタイミングの良さに「ワザとかな?」「狙ってんのかな?」と思ってしまった。

 

 飲み込んでしまったら後は全然苦しくなくできました。医師によると上手でしたとの事。

 やってみてわかったことは、兎に角リラックスして力を抜くこと。何度も医師と看護師に「力を抜いてくださいね〜」と言われるんだけど、本当にそれに尽きる。上手に力を抜くと楽になることが良く分かった。

 

 中村天風先生の言葉を借りれば、苦しいのは自分じゃなくて自分の喉、食道という事をよくよく自覚することが大事だと思った。決して自分が苦しいのではなく、自分の体が苦しいのだと….

 

 胃カメラの所見をお聞きして、今話題のピロリ菌もいなそうだということだったけど、身内に胃がん患者が二人いる事と、子どもの頃から実家の井戸水を飲用していたこともあるので、血液を利用したピロリ菌検査もお願いしておきました。

 

 職場の補助金をフルに利用しても、尚高額な検査代金を払ったけど、身体をよく診てもらって良かったと思いました。

 今は予防医療が注目されているけど、大事だと思う。

 

 健康であることが当たり前でなく、健康的に過ごしてても病気になったりするから、たまには身体を調べることも大事ですね。

 

 兵法を学ぶ目的は、心にも身体にも自在を得る事なのですが、「自分は病気にならん。なっても治る」と思ってればそうなるという自在さを身につけるべく、健康に留意すると同時に兵法も頑張らねばと思う今日この頃です。

 

 

 

oldlens

 EOS8000Dを使い始めて、もっと色んなレンズを使いたいという欲求が沸き立ち、「このレンズ使ったら面白そうだなー」とか「このレンズ便利そうだな」とか興味のあるレンズはあるんだけど、しかし値段を見ればレンズってとても高価じゃないですかっ。

 でも、高城剛さんがオールドレンズにはまってるってメルマガで仰っていて、オールドレンズって味があって面白いとか、マニュアルフォーカスも面白いし、そして何はともあれ安いっ!

 で、m42→eosマウントアダプターを買って、お手頃な値段のオールドレンズを物色し、色々と目移りしながら最初のレンズに選んだのは
ASAHI PENTAX Takmer 55mmF1.8
です。
f:id:kentaros0113:20160511231123j:image
f:id:kentaros0113:20160511231132j:image

 マニュアルフォーカスなのでピントを自力で合わせる必要があるんだけど、20歳くらいの時に父上が使っていたCanonAE-1を使っていて、そのレンズもMFだったので、全然不便さは無い。
f:id:kentaros0113:20160511231157j:image
f:id:kentaros0113:20160511231205j:image

 でも動いているものや、とっさの撮影はちっと厳しいものがある。
f:id:kentaros0113:20160511231220j:image

 カメラの方は絞り優先モードで使ってるんだけど、isoやシャッター速度などどんくらいに設定すればどんな風に撮れるのかってとても勉強になる。
f:id:kentaros0113:20160511231237j:image

 まだまだ「こういう写真が撮りたい」って時にどういう露出で撮ればいいか手探りだけど、それもまた面白い。
広告を非表示にする

渚にまつわるエトセトラ

4/24 息子はカワイ音楽教室に通ってて、この日、グレード試験を受けました。14級で課題曲は「チューリップ」と「カッコー」。

 前日に課題曲を練習して出来は十分。本人も「大丈夫!大丈夫!」と自信たっぷりでした。
 その余裕ぶりがまた心配だったりするわけですが…

 当日は朝からすっかり試験の事なんか頭になくて、朝仕度を促すと「どこ行くの?」とか言ってるし…試験会場へ向けて車を走らせてしばらく経つとまた「どこ行くんだっけ?」とかいう始末。本当に大丈夫か?と思わずにはいられない。

 ピアノの試験なんて受けた事がないので親の方がドキドキしてる。

 でも、会場のある建物に入ってカワイ音楽教室に入ると息子はちょっと落ち着かない様子。でもドラえもんの漫画本読み始めたら、もうきっと彼の頭の中にはこれからピアノを弾くという事はすっかりと忘れ去られている様子で「えへえへ」とか言ってる。
 他のこどもたちは少し緊張気味、保護者も緊張気味なのに唯一うちの子だけ「えへえへ」…

 息子のピアノの先生が来てくれて激励して下さっているのにボンヤリしてるし…本当に大丈夫か?

 息子はトップバッターで、最初に名前を呼ばれ会場へ入っていった。審査の人から説明を受けて、目は焦点が合ってない感じでいよいよ緊張感が芽生えてきたかと思った。お辞儀も忘れてピアノに向かう。
ドキドキ!
でも
演奏は上出来でした!

 演奏を終えて審査の人に向かってお辞儀をするところ、大あくびをして退室してきた(笑)
 そうか、焦点が合ってなかったのは眠かったせいなのね…

 安心感がこみ上げてきたのは息子よりも親ですよ、ホッとした。


 息子が前に「イカ食べたい!」と言ってたので、その後寺泊へ行きました。
 BGMはPUFFYの"渚にまつわるエトセトラ"

 寺泊は寒かった!風が冷たかったなぁ。
 早速に息子の御目当てのイカ焼きを食べてお店を物色。でも、この時期ってカニは旬じゃないんだよね。この時期って何が旬なんだろう?とか思いながら見てた。息子は最近海の生き物に興味を持ち始めているので、いろんな魚を見てたなぁ。

お店の二階にある食堂に入って昼食にした。

 でも、いくらとか蟹って旬じゃないよね〜って事でカレイの刺し身丼と妻は焼き魚定食と息子は蟹ラーメン、娘は食べれるものが限られているので妻のをわけてもらってた。

 さすがに魚市場だけあってエビの入った味噌汁やその他海産物は基本的に美味しかった。
 妻と
「うん、、基本的に美味いね」「そうね、基本的に美味しい」「基本的に味噌汁も美味しいね」「基本的に魚美味しい」
って何だか「基本的に」が口癖の夫婦になってて「我しかし」言う横山やすし師匠みたいになってて可笑しかった。

 蟹ラーメンを少しもらったけど美味しかった。

息子はイカ焼き食べたし蟹も食べれたしご満悦の様子で良かった。
f:id:kentaros0113:20160426232232j:image
 娘が前々から咳が止まらず、鼻水も出るので食事が済んだら早々に帰宅しました。

 帰ってきてから思い立ってビックカメラに行きました。
 目的はカメラのレンズ保護フィルターとフード。
 ネットで色々物色するも、ちょっと高いかな?という印象で、カメラに詳しい兄上に相談したら「ビックカメラに安価なものがあるのでそれで十分である」という事だったので、気にし始めたら止まらないワタクシは早速に買い求めに向かったのでありました。

 目的の物は手中に収めたものの、レンズが気になって、色々と見ているとヤバイヤバイ!欲しくなっちゃうね!
 特に広角から望遠までカバー出来ちゃうヤツとか、単焦点の広角レンズとか、まだまだ詳しくないけど、「このレンズ使うとこんなの撮れちゃうんだー」って思うと色々と試したくなっちゃうよね。
 所謂"レンズ沼"ってこうしてハマっていくんだろうなって思ったし、Canonの撒き餌レンズと言われるEF50F1.8STMレンズも安価で手が出そうになっちゃうね。あぶねーあぶねー。

 瀬戸弘司さんのyoutubeが気になってしょうがないよ。


ところで、カメラは昔に父上が使っていたCanonAE-1だったかな?を使ってた事があって、すごく味わい深いいい感じの写真が撮れて楽しかったんだけど、周りに写真の撮り方を教えてくれる人がいなかったし、ネットで調べるって事も出来なかった時だったので、熱が冷めちゃうのは早かった。
 それに撮ったものを人に見見てもらう機会がないのはつまらなかったなぁ。

 でも今は撮ったものをすぐにwifiiPhoneに飛ばしてInstagramとかに投稿出来ちゃうのがとても楽だし色んな人に見てもらえるので楽しい。撮ったものをコレクションしていつでも観れるのもいい。
f:id:kentaros0113:20160426232138j:image

f:id:kentaros0113:20160426232418j:image


 第一次写真Myブームは長くは続かなかったけど、今般の第二次写真Myブームはなかなか楽しめそうな予感がする。

 写真は単に観たものを切り取って収めるものではなくて、映像をその目で観たその時に感じた想いや、沸き立つ感情の要因となった部分も一緒に切り取り、写真を見返す事でその映像を観た時の感情を想起させる様な写真を撮りたいと思ってる。

自らが探究する「真、善、美」の三要素が一つも欠けない写真を撮りたいと思う。

 趣味が増えちゃったよ。
 
あ、息子のグレード試験、合格してました(^_^)v

生きてる意味

ヴィクトール・フランクルという人がこう言ったそうです。

 "人生に何が期待できるか?ではなくて、人生は自分に何を期待しているか?"

人は何故この世に生まれてきたかというと、生まれてきたこの世界に何かしらの「インパクト」を与える為だと思います。

人は一人で生きているわけではなくて、色んな人や生物や物事と互いに干渉しあいながら、影響を与えながら、成り立っています。

自分が蒔いた種が芽を出し花を咲かせて、誰かの心を癒しているかもしれない。

何気なくかけた言葉が、その人にとって人生に渡って生きる力になっているかもしれない。

みんなを笑わせた事が、みんなにとって楽しい思い出になっているかもしれない。

何にも考えてなくても、ただ生きているだけでこの世の中に多少なりとも影響を与え続けています。

 もう一歩踏み出して、能動的にこの世の中にインパクトを残そう、自分が生きた証を残そうと考えて行動すると、人生は一気に豊かになるかもしれません。

 自分が誰かにしてあげられる事って何か?

この世の中に残せる事って何か?

歴史に名を残す事は出来ないかもしれないけど、誰かが歴史に名を残すに欠かせない協力者や、影響を与えた人になれるかもしれない。


人間はただ単純に物事を受け入れるだけの生き物ではなくて、何かを創造し与えることによって何かを得る生き物なのでは無いかとおもう。


自分がこの世に生きた証を残そうではありませんか!
広告を非表示にする


 小学1年生の息子がおるのですが、なかなか躾に関して口うるさくなってしまいます。

 食事中、茶碗を持って食べるとか、お皿の物を口に掻き込まないとか、口を閉じて噛むとか、色々な事を毎食注意しています。

 服を着替える時、シャツをキチンとズボンに入れるとか、脱いだ物をたたむとか、日常生活の中で躾なきゃいけない事は沢山あります。

 誰かに何かをしてもらったら「ありがとう」と言う。迷惑をかけたら「ごめんなさい」と言う。

 どれも当たり前のことですが、子どもですから一から教えなければわかりません。

 当然自分自身も躾がなってないところが沢山あり、子どもに言い聞かせながら密かに自戒するところであります。

 子どもにこれらの躾をしながら、当然の事と思って言い聞かせようとしているのですが、言われて首をかしげる子どもを見て「はっ」としました。
  当然ながら、大人にとっては当たり前の事ですが子どもには理由が分からないのです。

 子どもに説明をすると、自分でも改めて気づかされる事が沢山ありました。
 なぜ、そういう気遣いをしなきゃならないのか?
 なぜそうしなきゃならないのか?

「躾」という字は身を美しくすると書きます。
 その通りで、茶道の世界では特に言われますが、美しい所作、振る舞いを身に付けるという意味でもあります。

 ではなぜ美しい所作が必要なのか?他者に対して美しい所作はどういった影響を与えるのか?

 「美」とは「調和」であります。
自然との調和、他者との調和、作為、無作為の調和が能動的に醸し出される様子こそが「美」であると常々考えています。

 「躾」は自分自身と差しあたる物事、森羅万象との調和にあると思います。

「他者との調和」という事を念頭に考えて躾というものを意識すると、必然的に躾というものの意味合いが理解することができます。

 兎にも角にも他者との調和。相手に嫌な気分をさせない。相手を困らせない。そういう気遣いが躾というものの本質だと思う今日この頃です。



広告を非表示にする

日本は何故暑くて寒い家ばかりなのか?

  住宅って冷暖房効率が悪い。

 サッシがアルミだったりシングルガラスだったりで熱伝導が高く、窓際がとても寒かったり暑かったり。

 気密が低く、室内の熱が逃げやすかったりする。

 昔の住宅に比べると気密性も断熱性も数段上がった様だけど、それでもまだ冷暖房効率悪いと思う。

ハウジングメーカーによっては高気密高断熱を売りにしているところもあって、そのメーカーの建てた家に入ると、外気温との違いにビックリする。家中どこも快適で、しかも動いているエアコンは小屋裏に一台だけで家全体をカバーしてたりしてまたビックリした。

 坪単価聞いてまたビックリしたけどね。

 日本は四季がはっきりしていて、夏は蒸し暑く冬は凍るほど寒いのにもかかわらず、日本の住宅はなんでこんなにも機能が低いんだろか?

 先ず第一に考えられるのは、日本の建築様式に対するこだわりが脈々と引き継がれている点であると思う。

 確かに畳敷きの茶の間から雪見障子を通して縁側の先の庭の雪景色を眺めるっていう建築体験は素晴らしい。

 日本建築特有の内と外の曖昧さ加減は絶妙で、美しい建築空間を作ってる。

 第二にそうした日本的美意識が大工さんや年寄りから「家とはそういうもんだ」と言って、変な「型」化されて、そういう意識が常識として日本人にこびりついているところも原因と思う。

 自分が長年過ごした家が最も居心地が良いと思うのは当たり前で、たがしかし、思考停止してそれで良しとして、新たに建てられる住宅にも自分だけの常識を当てはめようとする試みが、新しいライフスタイルの創造やそれに伴う住宅建築の進化の足を引っ張っている。
 親が、子が建てた家にケチ付けるのはこの心理だ。

 それにしても、美しくも無く、快適でもない、いかにも「型」化した住宅建築が多い事。
 バブル期に一戸建てを所有する事がステイタスみたいになって、バンバン建てられて、今は駅の近くの良い場所に当時の住宅街が、もう古くなってびっしり並んで幅を利かせてる。
 そういう家の住民は大体高齢者になりつつあるんだよね。そういう人達こそ、そういった住宅で暑さ寒さに耐えて暮らすのはとても大変だと思うよ。
 愛着とか意地とか捨てて快適なマンションなどに引っ越した方が健康寿命が延びると思うな。


 それにしても日本家屋の中にどんな冷暖房機器を置いてもなかなか似合わない。せいぜい火鉢とか、でもはっきり言って暖房にならない。コタツも合うけど部屋暖まらない。

 扇風機とか冷風機とか似合わない。
 ファンヒーターとかエアコンとか反射式ストーブやオイルヒーターとか、思いつく冷暖房機器はどれもこれも似合わない。

 何で日本は家電製品が発達しているのにもかかわらず、そういう所は怠けてきたんだろう?
 谷崎潤一郎先生の「陰翳礼讃」をまた開きたくなったなぁ。

 建築が人間に与えるものって、建築空間としての美しさ、快適さ、安心感や安全、色々あるけど、何かを立てれば何かをあきらめなければならない。
 ずっと前に安藤忠雄先生の講演を聞きに行った時に、「美しさを求める代わりに快適さを犠牲にしたりする。その反対もある。」とおっしゃっていた。

 安藤忠雄先生は美しい建築をたくさん生み出しているけど、実はご本人の御宅は建売マンションなんだよね。

 先にも言った通り、今まで快適な住宅建築が生まれてこなかったのは、先に挙げた理由の根底に、やはり日本人の美意識が強いのかな?って思う。そしてそれは普遍的価値観でもあるんだよね。
 

「敷島の、大和心を人問わば、朝日に匂う山桜花」
みたいなね。

美とその再現不可能性の中に見出す儚さと、それに対する憧れから共感しようとする余りに湧き立つ「自己犠牲」「献身」さとかが、「我慢の美徳」「謙譲の美徳」になったりするのかもね。

 そういう確固たるものが、住宅の快適さを犠牲にしたのかな?そして美意識が「型」化される事が問題だ。

 でも、我慢する事が美徳とか?昨今の猛暑や寒波はそんな事言ってる場合じゃないよね。エアコン入れるの躊躇して死者が出ちゃうんだから。


 現代の建築技術は進歩しているから、日本人の美意識を損なわずに、快適に暮らせる住宅建築は十分に可能だと思うんだよね。坪単価が高くなると思うけどね。
 あと建築に何を求めるか?というバランスだと思うけどね。
 

 世の中には素晴らしい住宅建築が沢山ある。そしてそういう建築それぞれには、住民の固有の価値観が表れている。

 自分のライフスタイルを考える事で、"実は要らないもの"が沢山出てきたり、家具の配置が変わったり、家電製品が増えたり減ったり、間違いなく暮らしが快適になるはず。

 みんながこうしてるからとか、テレビでこう言ってるからとかじゃなくて、「自分はこんな暮らしがしたいんだ」「自分のライフスタイルってこうだっ!」って言える事が、素晴らしい建築と心豊かな暮らしにつながっていくんじゃないかと思う。

 自分の暮らしを再点検しよう!

STAR WARS

"star warsフォースの覚醒"を観てきました。

ユナイテッドシネマで4DX3Dを観ました。
f:id:kentaros0113:20160105193557j:image
4Dは初めてなんだけど、とても臨場感があって面白かった。
f:id:kentaros0113:20160105193546j:image
 シートはステップがあってシートそのものが床から浮いてる感じ。
f:id:kentaros0113:20160105193523j:image
手元の飲み物ホルダーにWater ON.OFFスイッチがあって、雨とか水しぶきの有る無しが選択できる。
f:id:kentaros0113:20160105193532j:image
 シートの頭付近にも風の吹き出し口があり、ビームライフルが頭をかすめると風が頬をシュッとかすめたり、ファルコン号が水しぶきをあげると水しぶきが前から飛んできたりする。

 シートはシーンに合わせてかなり動く。空中での戦闘シーンはスンゴイ動く。シートの背もたれの中にも仕掛けがあって、背中をど突いてくる。
 風が吹いてきたり、雪山のシーンで雪が降ってきたのはたまげた!

 結構アトラクションに近い感じだけど、没入感が高くとても面白かった!

 ところでstar warsのこのフォースの考え方やジェダイの騎士は、日本古来の剣術にとてもよく似てると思うんだよね。

 フォースは日本語で「理力」というんだっけ?
剣術に例えると「自在」だと思う。
 「自在」とは自由とは違って、自分の思うように在る事ができるという…まぁちょっと詳しく説明すると話から脱線しちゃうので割愛しますが。
 フォースにすると相手の動きを封じたり、飛ばしたり、打ちまくってくるレーザービームをライトセーバーで「ホイホイ」と退けたりするのも「自在」であればこそ出来る事なんだよね。剣術はそんなSFちっくなことは出来ないけど、「自在」であればどんな場面も自分の思うがままにする事ができる。
 「自在」である事の要素は既に誰の中にでも備わっていて、誰もがその力を知らず知らずに使っているんだよね。

 ただし、意図的に「自在」なる力(フォース)を使いこなせるか使えないかが、達人と呼ばれる人(ジェダイ)と普通の人との違いね。

 剣術もジェダイも剣(ライトセーバー)のテクニックを磨くことはもちろん大事なんだけど、あらゆる状況を仁愛を以って受け止め(恐れを手放す)、他者との調和を醸し出す事が大事なんだ。
 こうして剣術を学ぶことにより「自在」得ることが出来ます。

 だから剣術、もっと大きく言えば兵法に勝ち負けは無い。

 剣術を学ぶことによって得られた「自在」は個人対個人だけでなく、社会や国の執権が使う事で平和が訪れる。これこそが活人剣であり治国の剣だ。

 こんな感じでstar warsを観てるのでジェダイの騎士が兵法者に見えるんだよね。

香取神道流の組太刀をstar wars風にするとこんな感じ。かっこいいでしょ。

 俺も明日から剣術の師匠の事を「マスター」と呼ぼうかな?
 
フォースと共にあらん事を!


 
広告を非表示にする