ケンタロウBlog

 ケンタロウが日常の中で、見たり聞いたりした事について書いています。

車の行き先

トヨタも頑張ってるんだね。AppleのsiriやGoogle人工知能を自動車に載せる動きは活発だよね。

 従来の人工知能と違って、これからの人工知能は例えば車で出かけて、行き先周辺でのイベント情報を聞くと、全く興味の無い物から全部羅列して延々と話し出すのが今までで、これからは、最近のWeb履歴や買い物履歴やsnsに投稿した内容などから参考になる情報だけを利用して自分にとって有益な情報だけを提供してくれる。
 人工知能を実用的な満足のいくレベルまでに磨き上げて最初に世に出すのは何処か楽しみ。
競争は全体のレベルを上げるね。

 トヨタはオペレーターを補助的に使うとしてるけど、今現在もオペレーターサービスは充実していて使わせてもらってます。
 細かな条件を指定したルート設定をお願いしたり、カーナビの操作方法を聞いたり、それを運転しながら出来るのは超楽。
 万が一事故にあった時や様子がおかしい時、警察や救急車呼んでくれるし、高齢者のドライバーにとっては運転支援機能や安全性能と並んで必須のサービスなんじゃないかと思います。
高齢者には超オススメです。

トヨタ、“考えるクルマ”を開発 | Business Media 誠 | Antenna(アンテナ)

トヨタ自動車は、対話しながら目的地を設定できるテレマティクスサービス「Tコネクト」を開発した。新サービスは「ビッグデータ」技術との連携で、クルマに考える機能を搭載したものだ。... | Antenna

antenna.jp
広告を非表示にする