ケンタロウBlog

 ケンタロウが日常の中で、見たり聞いたりした事について書いています。

ザリガニ

 息子がザリガニを飼いたいと言い出して、ザリガニ釣りに行く約束をしてみたものの、どこにザリガニがいるか意外と分からないもんだね。

 Facebookでザリガニのいる場所をおしえてって書いたら、沢山のタレコミ情報もらって感謝感謝です。

 最初は自宅の近所の田んぼの小川に行ってみたけど、田んぼは水を落とす時期で全体的に水が少なくなっていて見当たらなかった。

 次に市内の公園。畑仕事していたおじさんが一緒になって探してくれたけど、結局ダメだった。
 小学校の校外学習で子ども達が押し寄せて大分捕まえてったみたい。

 ところでウチの息子は学校の登校中に商店街の側溝にいるザリガニを傘で突いて遊んでたみたいで、それを見た商店街の人が学校にクレーム入れたみたい。
 ということは息子がいつもザリガニをいじめてるとこに行けばいいじゃん!ということで行ってみるも、やはりザリ氏はいなかった。

 ここまでの間にもFacebookには色々と情報が寄せられて、色々と行ってみたいところはあったんだけど、息子は道路に飛び出したところを俺にこっぴどく叱られた事と、疲れた事でその日はもうザリガニ熱はクールダウンで、ザリガニ釣り終了な感じ。

 翌朝、ダムのビオトープに出陣!

 餌の煮干しを垂れてみると結構いるいる!

 しかし俺は子どもの頃はザリガニは手掴みで獲ってたから、釣り方式で獲るって経験がほとんど無いんだよね。とはいえ大人になって泥水の中に手を突っ込むのはちょっと…
 
 よく見てると所々で「チャプっ!」と音を立ててザリガニが動くんだわ。
  明鏡止水の心持ちで、ザリガニが音を立てた場所の中で最も釣り易い場所を選び、糸を垂らして静かに待つ。
 息子が喉が渇いたと言っても心動かじ、「もしさぁ、ここにでっかい鯨が泳いでたらどーする?」という問いかけにも動じず…

 すると足元で「ちゃぷん」という音が!
慌てて見るとそこには見慣れたiPhone6が…
映画タイタニックのクライマックスで沈みゆくジャックのようにゆっくりと水没していく、iPhone6が!

 俺の脳のシナプスは"池に沈みゆくiPhone6=誰かの落し物」という都合のいい接続をしてくれたけど、1秒で気がついた。「これは俺のだ」と。

 すぐに電源切ろうと思ったけどスリープボタンが効かなくなってて、あれよあれよという間に、画面が真っ青になったり真っ黒になったり繰り返してた。

 もうさ、ここまできたらもう何が何でもザリガニ釣って帰らねばならんと思ったね。
 だってiPhone6を御供えしたんだもん。

 気を入れ直して、下手なりに頑張った結果2匹ゲットしました!

 段々と面白くなってきたけど、息子が飽きてきて「帰ろうよ〜」とか言い出して終わりにしました。ってか、誰のためにザリガニ釣ってんのか??

 帰りの車中は息子は念願のザリ公をゲットしてご満悦で
息子>>「ねぇ、もしさぁ、ザリガニがハサミだったらどうする?」「ねぇiPhoneが落ちたのってさ、僕のせいじゃ無いよねー」
俺>>「そうね〜そうね〜」

心ここに在らずですよ。相変わらずiPhoneはパチンコ屋のネオンみたいに画面が青くなったり黒くなったりしてるし…

 ザリガニの事後処理は妻に押し付けて、早速にiPhone6が辛うじて動くうちにiCloudにバックアップとって、Applecareに電話し、ビッグカメラに連絡したらなんと!その週末に限ってAppleの修理等の受付システムがメンテナンスで休業だとか…

 結局月曜の猛暑の日に、妻に0歳の娘を連れてビッグカメラに行ってもらいました。

 かたじけない!妻よ!

 息子よ、そのザリガニの価値は高いぞ!
広告を非表示にする