ケンタロウBlog

 ケンタロウが日常の中で、見たり聞いたりした事について書いています。

HarleyDavidson ソフテイルファットボーイローのシート交換 スーパーリディュースリーチソロシート

 2011年のソフテイル ファットボーイローを乗っているんですが、身長が160センチしかないもんで、なかなかポジションがキツイと感じていました。

 

 でも、走り出してしまえば、「こんなもんだろう」って納得してしまっていたのです。

 

 しかし、乗車姿勢が苦しいのは確かだし、ペダルの操作も足が伸びきってしまっていたりするので、やはりなんとかしたいとは頭の片隅に常にありました。

 

 ハンドルバーの交換を考えたのですが、ケーブル類をハンドルの中を通さなくてはならないし、結構工賃がかさむことになります。

 ライザーを考えたのですが、ファットボーイローのハンドルバーは太いので、適合するライザーがなかなか見当たりません。

 

 ディーラー店で相談させてもらったら、やはり答えは同じでした。

 そこでお店の方からシートを変えたらどうか?と提案を受けまして、乗車位置が6センチくらい前方になり、高さも2センチほど低くなるシートを出してもらいました。

 お店にファットボーイsがあったので取り付けてみたら、ハンドルは近く上半身が楽になり、足も大分ペダルを踏むに楽になりました。

 

 ただし、ファットボーイsと2011年のファットボーイロとではハンドルの位置が少し違ってsは少しだけ手前にあるんです。(確か)

 

 新品で46,000円ちょいで、それだけのお金を支払ってどれだけのインパクトがあるか、実際に自分のバイクに取り付けて吟味しないと不安でした。

 店員さんが「今度はバイクに乗ってご来店下さい、その時このデモシートを付けて試乗してみましょう」と言って下さいました。

 

 帰宅して何気なくヤフオクでシートを見ていたら、今日試したシートが17,000円即決で売ってるではありませんか!

 はい、落札。

店員さんゴメンなさい。

 

 少しだけ取り付けて乗ってみたら驚くほど運転が楽チンになりました。

 なんで6年間も我慢してたんだろう?本当にビックリするほどの変化です。

 見た感じの変化は、やはり肉付きが良くなったので、ボリュームが増しました。

 パッセンジャーシートは付けることができますが、少しだけシートのラインに段差ができます。

 同じファットボーイローを乗っている人で同じ悩みを抱えている人がたくさんいることと思いますが、シートの交換をお勧めしたいと思います。

 

f:id:kentaros0113:20170505220714j:image