ケンタロウBlog

 ケンタロウが日常の中で、見たり聞いたりした事について書いています。

大阪 道頓堀〜永平寺

8月9日

 妻の姉(以下義姉)が息子をUSJに連れて行ってくれる事になり、息子を大阪まで車で送った。

 

 7:30に新潟の自宅を出発し、16:30頃に大阪のUSJのホテルに到着予定で だったが、東大阪南辺りから渋滞にハマった。

 息子には出発時から何度も「トイレ行きたくなっても、高速乗ってる時はすぐにトイレに寄れないんだから早め早めに言うんだよ。」ってしつこく言ってたのに、よりによって渋滞にハマってから自分自身が猛烈に便意(小)をもよおしてきて、辛かった!

 近年稀に見る便意の我慢だった。普段は全く気にしないシートベルトが強烈にお腹を圧迫しているように錯覚した。

 

 600mlかな?のペットボトルの麦茶が残り2センチくらい残っているのを確認した。

 いざという時には、この麦茶を飲み干して、このボトルの中に放出するより他ないっ。とおもった。いつでもスタンバイOKだ。

 

 ようやく車が動き出し、最寄りのICを探す。

 大阪は全く土地勘がないから今自分がどこにいるのかさえ分からない。地名も分からない。

 

 ICを見つけてすぐに降りた。降りたからとてすぐにトイレを貸してくれるようなところが見つかるとは限らない。

 が、降りてすぐにコンビニがあった!

しかも駐車場があるっ!

 慌てて駐車して車をぶつけないように、あえて細心の注意を払って駐車して、ダッシュでトイレに駆け込んだ。

 

 世の中の全てを許せるような気分になった。

 さっきまで「東大阪南ってどっち方向だよっ!大阪アメリカ村in新潟位どこか分からねーじゃねーか!」とか言ってイライラしてたけど、大阪が好きになった。

 

 無事に息子を義姉に預けることができた。

 

 このまま新潟へ真っ直ぐ帰るのももったいないので、かの有名な道頓堀へちょっと行ってみる事にした。

 大阪はいつも高速や新幹線で通過するだけで街に降り立ったことが無いし、地名も位置関係も全く分からないので、カーナビの言う通りにとりあえず戎橋目指して行ってみた。

 

 いい塩梅に道頓堀の一時預かり駐車場に駐車できた。

 

 道頓堀はとても賑やかだった!

 なんでこんなにたくさんかに道楽があるのだろうか?

 中国人ばかり。

 お店の客の呼び込みも中国語。

 看板も中国語。

 グリコの看板は「みたことあるー!」って思った。

 

 最近はどこの街にも同じお店ばっかりで個性がないけど、独特の雰囲気のある街は楽しいね。

 

 串カツ食べて道頓堀を後にした。

大阪のまたゆっくり観光したい!

f:id:kentaros0113:20170812182341j:image

 

 f:id:kentaros0113:20170812182356j:image

 

f:id:kentaros0113:20170812182506j:image

 

 22:00頃、彦根の多賀サービスエリアに立ち寄って、レストハウスで、お風呂と仮眠室での休憩6時間で850円というサービスを利用して翌朝5:00まで眠ることができた。

 

 早朝のSAはまだ風が涼しく、人も少なくて心地よかった。まだ誰もいない屋外のテーブルで朝食とコーヒーを摂りながらイヤホン付けて大音量でvoces8の荘厳な合唱曲を聴きながら「サピエンス全史」を読んだ。

 この本は上下合体版で、なかなか長かったけど凄く面白かったし、読み応えがあった。終わりまで残り僅かだったので、タブレットに食い入るようにして一気に読んだ。

 

 読み切って大変な感銘を受けながら、思い切り「ブーーーー」とオナラをし、イヤホン外して立ち上がったら、読書を始める時は誰もいなかったはずの身の回りには既に多くのお客がいて、座る場所を探していた。自分のすぐ後ろには小学生低学年の女の子姉妹がいて、アイスクリームを食べながらドン引きした顔でこちらを観ていた。

 

 

 帰路の途中、永平寺へ寄ってきた。

 

 結構山の中に入っていくんだね。

 比叡山なんて都の目と鼻の先だし、高野山地政学的に意味ありげな場所だし、それに比べて永平寺は本当に「禅の邪魔しないで、頼むから放っといて」と言わんばかりなところだと思った。

 そんな勝手な印象を受けながら永平寺に着くと、それに反して永平寺で一儲けしようとする海茶屋の様なお土産やさん。

 アメリカ西海岸で流行りの瞑想センターとか禅サロンとか、ヨガスタジオとか、そういったものの宿泊施設とかあったら流行りそうなんだけどなぁ。

 

 永平寺はとても広く、拝観順路が決まっていて、拝観ルールも決まっていて、修行僧の邪魔をしない様に十分に計らいがなされている様に感じた。

 美しい建築と庭は素晴らしかった。

 f:id:kentaros0113:20170812182549j:image

 

 f:id:kentaros0113:20170812182634j:image

 

f:id:kentaros0113:20170812182718j:image

 

f:id:kentaros0113:20170812182741j:image

 

f:id:kentaros0113:20170812182825j:image

 

f:id:kentaros0113:20170812182902j:image

 毎日朝と夕方に30分ずつ座禅をしているんだけど、永平寺で座布を買ってきた。座り心地抜群に良いっ!姿勢が保たれる。早く買えばよかった。

 

 

 永平寺から真っ直ぐに帰路に着いた。

 

新潟の自宅から大阪まで往復1200キロだった。

 帰宅してソファに身を任せた途端に疲れがどっと出たね。やっぱり疲れるわ。

 

 明日13日から今度は大分の妻の実家へ車で旅立ちます。距離は倍の片道1200キロ。

 

 自動運転早くこーい!